岐阜の社労士事務所なら須田社会保険労務士事務所|岐阜市・名古屋市・一宮市・各務原市で社労士をお探しなら岐阜駅すぐの須田事務所

就業規則作成 クイックコース

  • HOME »
  • 就業規則作成 クイックコース

就業規則がある会社って、安心して働けるね

就業規則がなかったり、あっても規則として定めた内容が適切でないと、職場で規律を乱す従業員が現れたら、会社として対策がとれないような事態が発生します。労働基準法は労働者保護の観点が強い法律ですので、ひとたび問題が発生すると会社が不利な立場になりかねません。
従業員との間にトラブルが起きる前に、経営者は会社を守るための就業規則の準備をお勧めします。

 
quick_001

Q1.パート従業員に年休を請求され、どうしたらいいかわかりません
Q2.うつ病などで休職を繰り返されて困っています
Q3.不払い残業代を請求されて困っています
Q4.小さい会社なので就業規則はありません。何か問題となりますか?

quick_002

A1.正社員に比べて出勤日数が少ない人には、比例付与といって勤務日数に応じた日数の年休が付与されることになります。これを就業規則に記載しておきましょう
A2.同じ理由、類似の理由での休職は期間を通算する定めにするなど、休職期間の定めを適切に記載することで対策ができます
A3.給与体系の見直しが必要かもしれません。残業代をちゃんと支払ってないのか、残業代を基本給などに含めてしまっているのか、状況によって対策が変わってきます
A4.人間関係がうまくいっている間は問題が表面化していないだけです。何かきっかけがあると、さまざまな問題が発生する可能性があります

 

こんな就業規則も危険

  • ペラペラ 内容が薄く大切なことが記載されていない可能性が高いので、いざというときに役に立たない
  • コピペ 同業他社のコピーは自社に合っていない部分があるので、効力がなかったりトラブルをまねく可能性がある
  • 古いまま 休職についての定めがないなど、法律や時代に合わなくなっている

 

就業規則に関連する、よくあるご質問

このように、就業規則がないことで従業員が不安になり不満へとつながります。
その結果、離職率が高くなったり業務の生産性が落ちるなど、会社にとって不利な状態となります。

 

quick_005

当事務所では法律の専門家としてだけでなくさまざまな職場環境を見てきたエキスパートとして、火種になりそうな事柄に日頃からアンテナを張っています。顧問先の社内でトラブルが起きないよう、常に就業規則の見直しをしています。
トラブルをできる限り未然に防ぎ、働きやすい環境作りの対策として、これらの内容を低価格のクイックコースで対応しています。

 

 
quick_06-2

こんな企業におすすめクイックコースは、簡単な質問に答えるだけで、短期間のうちに就業規則が作成できるコースです。「労基署に作るよう指導された」「助成金の申請に必要だから」などの理由でお急ぎの方にピッタリです。

作成書類就業規則、賃金規程、育児介護休業規程、パートタイマー就業規則 (必要な場合)

配布資料休暇届、誓約書、健康状態に関する申告書など約30種類(随時、追加しています)

 

 

オーダーメイドコースもあります

就業規則の作成や見直し、費用や作成期間など、気軽にお問い合わせください

TEL:058-227-5564

ホームページからのお問い合わせはこちらからオーダーメイドコースの詳細はこちらから

PAGETOP
Copyright © 須田社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.