岐阜の社労士事務所なら須田社会保険労務士事務所|岐阜市・名古屋市・一宮市・各務原市で社労士をお探しなら岐阜駅すぐの須田事務所

面接で尋ねてはいけない質問とは?

面接で尋ねてはいけない質問とは?

Question

採用面接の際に尋ねてはならない質問があると聞きました。

変なことをうっかり尋ねてしまって、後で会社の評判を落としかねないか心配です。

いったいどのような質問をしてはダメなのですか?

 

Answer

採用面接での質問は、会社にとって必要な人を見極めるために行うわけですから、よりよい人を採用したいと真剣に思えば思うほど、突っ込んだ質問をしたくなるものです。

しかし、次のような事柄については、質問することが禁止されているので注意が必要です。

・本籍に関する質問・住所とその環境に関する質問
「あなたの本籍地はどこですか?」「あなたのご両親の出身地はどこですか?」といった本籍に関する質問は、同和関係者や在日韓国・朝鮮人の方に対する就職差別を生む恐れがあり禁止されています。
また、「あなたが住んでいるのは○○の付近ですか?」「住んでいる地域はどんな環境ですか?」といった質問も同様の趣旨により禁止されています。
・家族構成、家族の職業、地位、収入、資産に関する質問
「お父さんは何をされていますか?」「お母さんがいないようですがどうされたのですか?」「あなたの住んでいる家は持ち家です か?」といった質問は、本人の能力や適性ではなく、本人の努力によって解決できない問題など、本人の責任ではない事柄で判断しようとしているものです。
住宅環境や家庭環境の状況を聞くことは、地域の生活水準等を判断することになり、かつての部落差別のような偏見が働く恐れがあります。
・思想、信条、宗教、尊敬する人物、支持政党に関する質問
「あなたの信条としている言葉は何ですか?」「どこかの宗教を信仰していますか?」「どの政党を応援していますか?」「あなたの家は、何新聞を読んでいますか?」といった質問がこれに該当します。
思想、信条、宗教、尊敬する人物、支持政党や人生観などは「基本的人権」の中の自由権に属するものです。憲法で保障されている個人の自由権は、たとえ採用 面接であっても侵してはならないものです。男女雇用機会均等法に抵触する質問「結婚しても働き続けることができますか?」「出産の予定はありますか?」と いった質問は、男女雇用機会均等法の趣旨に反するものです。男女差別につながるような質問は控えなくてはなりません。

 

質問しても問題ないケースとは・・・

現実の面接では、上記に含まれる質問をしなければならないときもあります。

実際に当事務所が採用面接に立ち会った際に、「小さな子供さんがいますか?」「そのお子さんが突然熱を出した場合はあなたの代わりに誰 かが面倒を見てくれますか?」とかなりプライベートに踏み込んだ質問をせざるを得ないケースがありました。シフト制勤務のため、朝の急な欠勤の申し出は業 務が回らなくなって困ってしまう、という事業所だったからです。

本来なら質問すべきでないような事柄であっても、業務との関連性においてどうしても把握する必要があれば、その際には質問を行っても問題ないと思います。

しかし、だからといって応募者に不快な気持ちを抱かせてしまってもいいわけではありませんので、業務のためにやむを得ず質問することを説明し、一定の理解を得た上で道徳的な配慮を心がけてお尋ねになることをお勧めいたします。

 

更新日:2007/10/01

人事労務Q&A

PAGETOP
Copyright © 須田社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.