岐阜の社労士事務所なら須田社会保険労務士事務所|岐阜市・名古屋市・一宮市・各務原市で社労士をお探しなら岐阜駅すぐの須田事務所

療養中に出勤したら傷病手当金はどうなるの?

療養中に出勤したら傷病手当金はどうなるの?

Question

うつ病で休職し、傷病手当金を受給中の社員がいます。

だんだんと症状がよくなってきているようなので、職場復帰に向けたリハビリの意味合いで、1週間に1回1~2時間程度、会社に出てきてもらおうと考えています。

もちろん、出勤分の給与は時給計算にて支払うつもりですが、このように出勤して給与が支払われてしまうと、以降の傷病手当金は受給できなくなってしまいますか?

 

Answer

休業中に1日でも出勤すると、その日以降の傷病手当金は受給できなくなってしまうかといえば、そんなことはありません。

もちろん、出勤日がもっと増えてくると話は違ってきますが、ご質問のような週1回程度で数時間の出勤であれば、それをもってすぐに傷病手当金が打ち切られることにはならないと思われます。

どの程度までなら出勤しても傷病手当金が受けられるか、については、ハッキリとしたルールが示されていないため申し上げられませんが、健康保険協会によれば、その都度、医師の意見を聞いて判断するとのことです。

 

さて、ご質問のケースのように、療養中に出勤日がある場合に傷病手当金がいくら払われるのか、というのは確かに気になるところですね。

これについては、「出勤日については支給されず、その他の労務不能の日についてのみ支給される」ということになります。

傷病手当金は、出勤していないが報酬を受けた日があった場合、その報酬額が傷病手当金の支給額と比べて低いと差額が受け取れることになっています。
そこで、「出勤しても数時間なら報酬額が少ないから差額の傷病手当金が受給できるのではないか」と考えがちですが、残念ながら出勤日については、たとえそれが短時間であってもまったく支給されないのです。

傷病手当金の支給額は標準報酬の3分の2ですから、
[傷病手当金の1日当たりの支給額] > [2時間勤務した日の報酬(時給計算)] となり、社員にとっては2時間程度の出勤をするなら、会社を休んだ方が収入が多くなり得をします。

本人が損をするからといって、職場復帰に向けた出勤を踏みとどまる必要はないと思いますが、会社としてはこのことを知っておかれた方がよいと思います。

 

作成日:2010/12/05

人事労務Q&A

PAGETOP
Copyright © 須田社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.