岐阜の社労士事務所なら須田社会保険労務士事務所|岐阜市・名古屋市・一宮市・各務原市で社労士をお探しなら岐阜駅すぐの須田事務所

休憩時間は何分与えればいいの?

休憩時間は何分与えればいいの?

Question

当社の休憩時間は12:00~12:45の45分間です。

始業時刻が9:00で終業時刻が17:30ですが、休憩時間は1時間にしなくてはなりませんか?

 

Answer

貴社の場合は、始業時刻の9:00から終業時刻の17:30までのうち休憩時間の45分を差し引くと、所定労働時間は7時間45分となりますので、休憩は45分与えていれば問題ありません。

ただし、残業を行って労働時間が8時間を超えることになった場合は、1時間の休憩が必要となりますので、不足する15分以上の休憩時間を追加する必要があります。

 

労働基準法の定めは・・・

労働基準法では、『労働時間が6時間を超える場合においては少なくとも45分、8時間を超える場合においては少なくとも1時間の休憩時間を、労働時間の途中に与えなければならない』と定められています。

『6時間を超える場合』となっているので、例えば所定労働時間が5時間、6時間といったパートタイマーの場合などは、休憩時間を与える必要はありません。

また、1時間の休憩が必要となるのは『8時間を超える場合』ですから、労働時間が8時間までなら休憩時間は45分でよいことになります。

毎日のように残業が行われ、8時間以上の労働が恒常化している事業所では、「最初に45分の休憩を与え、8時間を超える際に追加して15分の休憩を 与える」といった決まりにしてもかまいませんが、後者の休憩が実質的に取れないような状況であるとしたら、あまり望ましい状況とはいえません。この場合 は、最初から1時間の休憩を与えておくのが無難といえます。

 

作成日:2007/10/01

人事労務Q&A

PAGETOP
Copyright © 須田社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.