岐阜の社労士事務所なら須田社会保険労務士事務所|岐阜市・名古屋市・一宮市・各務原市で社労士をお探しなら岐阜駅すぐの須田事務所

在職老齢年金の仕組みはどうなっているの?

在職老齢年金の仕組みはどうなっているの?

Question

60歳になると年金の受給が始まりますが、働いていると減額されるようですね。

この年金の仕組みはいったいどうなっているのでしょうか?

 

Answer

60歳を過ぎても働き続けていて社会保険に加入している人は、年金が収入に応じてカットされて支給されます。この年金の仕組みを『在職老齢年金』といいます。

在職老齢年金の減額の仕組みは60歳代前半(60歳以上65歳未満)と、60歳代後半(65歳以上70歳未満)では違ってきます。

また、従来は70歳以上の方は年金が全額支給されていましたが、これも平成19年4月より60歳代後半の在職老齢年金制度と同様の仕組みが導入されましたので、社会保険に加入されていて一定以上の収入がある方は、減額から逃れられない仕組みとなってしまいました。

 

60歳代前半の在職老齢年金

60歳代前半の在職老齢年金を計算する際には、「総報酬月額相当額」と「基本月額」を押さえておく必要があります。

総報酬月額相当額とは、標準報酬月額に標準賞与額の12分の1を加えたものです。
基本月額とは、年金の月額をいいます。

年金の支給額は、これら二つを足した金額が28万円を超えると減額されます。

●総報酬月額相当額と基本月額の合計が280,000円以下・・・・・全額支給
●総報酬月額相当額と基本月額の合計が280,001円以上・・・・・下表の通り

総報酬月額相当額 基本月額 支給額
48万円以下 28万円以下 基本月額-(総報酬月額相当額+基本月額-28万円)×2分の1
28万円超え 基本月額-(総報酬月額相当額×2分の1)
48万円超え 28万円以下 基本月額-(48万円+基本月額-28万円)×2分の1-(総報酬月額相当額-48万円)
28万円超え 基本月額-(48万円×2分の1)-(総報酬月額相当額-48万円)

 

60歳代後半の在職老齢年金

65歳からは老齢基礎年金の支給が始まり、老齢厚生年金との2階建て構造になります。

60歳代後半の在職老齢年金は、老齢基礎年金は全額支給され、老齢厚生年金の月額と総報酬月額相当額を合わせた金額が48万円を超えると、その超えた部分の2分の1が支給停止されます。

総報酬月額相当額+老齢厚生年金の月額 老齢基礎年金 老齢厚生年金
480,000円以下 全額支給 全額支給
480,001円以上 全額支給 一部支給停止

※支給停止額=(総報酬月額相当額+老齢厚生年金月額-48万円)×2分の1

 

作成日:2008/01/05

人事労務Q&A

PAGETOP
Copyright © 須田社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.