岐阜の社労士事務所なら須田社会保険労務士事務所|岐阜市・名古屋市・一宮市・各務原市で社労士をお探しなら岐阜駅すぐの須田事務所

社労士を利用してるのはどんな人?

社労士を利用してるのはどんな人?

Question

社会保険労務士は主にどのような人に利用されているのでしょうか?
当社はまだ社労士を利用したことがなく、利用してみたいと考えているのですが・・・。
利用されている方の具体的なイメージを知りたいのです。

 

Answer

法人等の利用が中心

社会保険労務士は、主に従業員を雇用されている個人や法人の事業所に利用されています。

従業員数が20名以上30名以上と、ある程度の数になってくると労働保険・社会保険関連の手続き業務が大変になってくるので、社会保険労務士をご利用いただく場合が多くなります。

しかし、従業員が少なくても「専門家に依頼したい」「わからないのでやって欲しい」「人事・労務の相談に乗って欲しい」などの要望があるため、小規模の事業所にも社会保険労務士の活躍の場はあります。

従業員数が100名以上200名以上のように、かなり大規模な事業所になってくると「総務」「人事」といった部署が存在し、労働保険・社会保険関係 の手続きはそちらで行われるため、社会保険労務士をご利用になるケースは少ないと考えられがちですが、こういった事業所においても「就業規則を一緒に作っ て欲しい」「法的な観点からアドバイスして欲しい」といった労働法の専門家として社会保険労務士をご要望される声があります。

 

個人は年金相談が中心

事業所でなく個人の方が社会保険労務士を利用するケースは公的年金の相談などが中心といえますが、お金を払って年金相談を受けるケースは少ないようです。

「どこかの金融機関や何かのイベントで相談会が催され、行ってみたら相談に乗ってくれたのが社労士だった。」というのがよくあるパターンです。

この場合、イベントや相談会の主催者である企業・団体等が、相談に対する費用を負担してくれています。

それから、労使紛争の当事者である労働者が、社会保険労務士にアドバイスをもらいたい、という場合があります。前述の通り社会保険労務士を利用するには費用がかかりますので、事業所の利用に比べるとその数は圧倒的に少ないようですが、そういうケースも現実にはあります。

 

更新日:2008/11/25

人事労務Q&A

PAGETOP
Copyright © 須田社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.