岐阜の社労士事務所なら須田社会保険労務士事務所|岐阜市・名古屋市・一宮市・各務原市で社労士をお探しなら岐阜駅すぐの須田事務所

雇用契約書の明示

公開日 2014.09.03

雇用契約書の明示

労働条件の明示方法としては、「労働条件通知書」と「雇用契約書」の2通りがあります。
「労働条件通知書」は、会社が労働条件を一方的に記載して通知するものですが、「雇用契約書」は会社と労働者がお互いに確認して、記名・捺印するものです。
雇用契約書があることで、労働者にはしっかりとした会社だと印象付けることになります。

労働者が採用後に不誠実な行動をしたり、秩序を乱すような場合でも、むやみに解雇するのは難しいです。
しかし労働条件に雇用期間を定め、更新条件を明記することで、更新時期に期間満了として自然な退職が可能になります。
採用後の労働者とのトラブルを避けるためにも、「雇用契約書」として労働条件を明示することをおススメします。

employment_agreement

 「雇用契約書」のダウンロード

 

 

「労働条件の明示義務」もどる   すすむ「労働契約の禁止事項」
一覧に戻る

 

 
当事務所では労働契約の締結に際し、注意すべき事項などさまざまなアドバイスをおこなっています。
労働契約に関する書類作成などでお困りの事業者様やご担当者様は、ぜひご相談ください。

詳しくはコチラからお問い合わせください。

人事労務の基礎知識

PAGETOP
Copyright © 須田社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.