岐阜の社労士事務所なら須田社会保険労務士事務所|岐阜市・名古屋市・一宮市・各務原市で社労士をお探しなら岐阜駅すぐの須田事務所

応募をためらう採用情報とは

公開日 2014.08.18

 

「求人は出したけれどなかなか人が集まらない」、「うちはそんなに好条件にはできない」とあきらめていませんか?
求職者は求人票のどこを見て応募を決めているのでしょう。「賃金」や「労働時間」「休日」などの待遇面だけを見ているわけではありません。「仕事の内容」「企業理念」「教育訓練・人材育成」といった企業としての魅力を総合的に判断しています。
求職者は複数の求人を見比べています。他の求人と比べた場合、詳しく書かれているほうが企業の総合的なイメージがわきやすく、詳しい説明がない求人は結果として選ばれにくくなります。

「応募をためらう企業の採用情報の特徴ランキング」では、求人情報の説明不足が誤解を招いたり敬遠されていることがうかがわれます。
 

応募をためらう企業の採用情報の特徴ランキング

以下、gooランキングより引用

recruit07-e14083373332831位 仕事の内容が具体的に書かれていない
2位 年中求人広告を出している
3位 募集要項の掲載写真が学生サークルのノリ
4位 「面接ナシ、即採用」と書かれている
5位 「ノルマなし」など甘い言葉ばかり並べている
6位 「^^」などの顔文字が使われている
7位 平均年齢が異常に若い
8位 残業代応相談と書かれている
9位 募集職種があまり聞いたことのないカタカナ語の職種
10位 賞与がない
11位 提示されている給与に幅がありすぎる
12位 妙に熱い体験談が書かれている
13位 試用期間が長い
14位 夢や熱意ややる気など精神論ばかり並べている
15位 担当者の名前が書いてない
16位 !マークを多用している
17位 求人の数が多すぎる
18位 「若い社員にも重要な仕事を任せます」と書かれている
19位 社員の特徴に「少数精鋭」と書かれている
20位 募集内容の文面に「急募!」を多用している

参考:gooランキング「応募をためらう企業の採用情報の特徴ランキング」

 

「会社や求人の魅力をアピールしましょう」もどる   すすむ「人事労務の基礎知識」
一覧に戻る

 
 

当事務所では顧問契約のお客様に対し、ハローワークへの求人申込書の記載や提出の代行、求人募集のアドバイスをおこなっています。
時間がなくてなかなかハローワークへ行くことのできない事業者様、求人票をどんな風に書いたらいいか分からないご担当者様は、ぜひご相談ください。

詳しくはコチラからお問い合わせください。

人事労務の基礎知識

PAGETOP
Copyright © 須田社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.