雇用保険の給付金の申請期限は2か月でしたが、申請期限が過ぎた場合でも2年の時効期間内であれば、支給申請が可能になりました。

対象となる給付には、就業手当や育児休業給付金など複数がありますが、その中でも「高年齢雇用継続基本給付金」などは、今までは申請期間が過ぎても、受給への道が開けたのは大きな変化であると思われます。

詳しくは、厚生労働省の資料をご覧ください。

各種給付の支給申請書の提出期限の取扱いについて