育児休業期間中に就業した場合の育児休業給付金の取り扱いが変わります。
これまでの育児休業給付金制度では、支給単に期間中に11日以上就業した場合は、その支給単位期間について給付金は支給されませんでした。
平成26年10月1日以降の最初の支給単に期間からは、支給単位期間中に10日を超える就業をした場合でも、就業していると認められる時間が80時間以下のときは、育児休業給付を支給します。

[ 支給単位期間の支給額 ] 休業開始時賃金日額 × 支給日数 × 50%
(平成26年4月1日以降に開始した育児休業については、育児休業開始後180日目までは67%)

ただし、各支給単位期間に支払われた賃金と育児休業給付金の合計額が休業開始前の賃金の80%を超える場合は支給額が減額され、賃金だけで[ 休業開始時賃金日額 × 支給日数 ]の80%以上となる場合は、支給されません。

育児休業給付金

 

育児休業給付の支給申請書の様式が変わります

育児休業期間中の就業の取り扱いの変更に伴い、平成26年10月1日から「育児休業給付受給資格確認票・(初回)育児休業給付金支給申請書」と「育児休業給付金支給申請書」の様式が変わります。

育児休業給付金

リーフレットのダウンロードはコチラ