コロナ後にやりたいことは何ですか?

コロナの感染者が減り、飲食店や各種イベントへの制限が解除されてきているので、少しづつ日常が取り戻されていっている感じがしますね。アクリル板越しではありますが、飲食を伴う会合なども開かれるようになってきているようです。

雇用調整助成金については、11月までとなっていた特例措置が3月まで延長されると発表されましたが、現在の給付水準が維持されるのはとりあえず12月までで、1月以降はまた次の発表を待つことになります。詳しくは以下リンクをご参照ください。

12月以降の雇用調整助成金の特例措置等について

なぜこれほどまで急速に感染者数が減ってきたのか、そのメカニズムを誰も説明できないみたいですから、第6波の到来について専門家の予測を信じる気持ちにはなれない方も多いのではないでしょうか。本当に来るかどうかはわかりませんが、給付水準を段階的に引き下げていくことになっている雇用調整助成金については、もしも再び感染拡大が始まったらしっかりと受給できるよう、あまり水準を下げないでいただきたいものです。

 

先日、ZOOMを使ってのある会合で「コロナ後にやりたいことは何ですか?」と聞かれました。コロナが終息したらやりたいことの1位は旅行だそうですが、この記事をお読みになっている皆さんは何がしたいでしょうか?

自分の場合はしばらく会ってなかった友人たちに会いたいというのが一番です。あと、魚釣りが趣味なので、それについてはあまり制限を受けているという印象がありません。現在は魚釣りやソロキャンプなど三密を避けることができるアウトドアがブームになっていますが、コロナが終息したらみんな旅行に行ってもらって、日曜日の堤防の混雑が解消されるといいなと思っている次第です。

ところで、この「コロナ後にやりたいことは何ですか?」という質問をされるとなんとなくワクワクするような、うれしい気持ちになりませんか? 自分の場合はそうでした。コロナの終息をイメージできて、希望が湧いてくるというか・・・。だから、いろんな人にこの質問をしてみるといいかもしれませんね。

 

前回、当事務所の従業員の求人について書きましたが、10月初めに採用者が決まりましたので、ご報告しておきます。今回の採用については、正社員1名の育児休業の取得が発端となった次第ですが、彼女は1年数か月後には復帰の予定ですので、そのときには実質的な増員となります。単純に人件費が増えるわけですから、それを踏まえて利益が確保できるよう売上を増やしていかなければなりません。ありがたいことに当事務所は顧客も順調に増加しているので問題はありませんが、小規模な事業者にとっては従業員の育児休業を受け入れるのは、なかなかハードルが高いことだと改めて実感しています。

人事労務コンサルティング

経営者や人事労務担当者の相談にのり、適切なアドバイスを行います。

会社を経営していると、社員のこと、会社の制度のことなど、人事労務に関するさまざまな悩み、疑問が出てくることと思います。

「誰かに相談したい」 「専門家の手を借りたい」という場合は、ぜひ当事務所をご利用ください。

人事労務コンサルティング