河野

iDeCo(イデコ)に興味津々!!

先日、日経ウーマン主催の資産形成セミナーに参加してしてきました。
お目当は、平成291月から加入者の範囲が主婦などにも拡大される【個人型確定拠出年金】=iDeCo(イデコ)の情報です。
 
 
年金は3階建てとよく言われます。
1階が国民年金(基礎年金)、2階が会社員や公務員の方々が加入する厚生年金、3階が基金などの企業年金です。
 
ただ、老後の生活を年金のみでまかなえる方は、それほど多くはないのが現状ではないでしょうか?
 
国の思惑は、『皆さん自力で少しでも多く老後資金を用意してくださいね。そのためのお金に関しては税制で優遇しますよ!と言うことのようです。
 
確かに、自分名義の年金が増えることは安心につながりますよね。
 
 
この日の講師で、ファイナンシャルプランナーの和泉 昭子さん曰く、『投資である以上、選んだ運用方法によっては元本割れなどのリスクはあるけれど、《税制優遇》の内容が超低金利時代には非常に魅力的で、今イチオシ!!』なのだそうです。
kouno_ideco-1
今までは制度の情報も少なかったのですが、平成29年1月から加入者の範囲が拡大されて《基本的に60歳未満のすべての人》が対象となるため、厚生労働省はこの制度に【iDeCo(イデコ)】と愛称をつけて、大々的にPRをしています。
最近では新聞、雑誌で特集が組まれたり、セミナーが開催されるなど身近に感じられるようになってきました。
 
また、参入する金融機関も増え、口座管理手数料が低額の商品も用意されるなど、iDeCo(イデコ)を始めるハードルは低くなったように感じます。
 
しかし、運用は自己責任で、多少なりともリスクがあることは覚悟しなければなりませんし、《老後のための資金》なので60歳まで引き出せないなど制約があります。
 
 
【個人型確定拠出年金】は、加入するかしないかを自分で決める私的年金です。
1月までにもっと情報を集めて、自分に合っているのか考えたいと思います。
 
 
 
 
★従業員がiDeCo(イデコ)に加入する場合、事業主が行う事務に関してのリーフレットです。
kouno_ideco-3
厚生労働省のHPに詳細がありますので、興味のある方はぜひご覧ください。
 
 
 
河野

伝わっているか?

事務担当の河野です。
須田事務所で働き始めて、4年になります。
日々の業務の中で、伝え方について考えることが多くなりました。

何かヒントが得られれば、と手に取った1冊です。

伝わっているか?

タイトル:伝わっているか?
著者名:コピーライター  小西 利行
出版社:宣伝会議

お客さまと接する時や何かを提案するとき、社内でのやり取りの中で説明をするとき、
出来る限り丁寧に分かりやすく頑張って伝えよう!と意識してきました。

でも、言いたいことが本当に伝わっているのか?

【伝える】事だけでなく、【伝わっているか】という視点を
これからの仕事に生かしていきたいです。

 

河野